Home » legality
Kei

このページでは、ブックメーカーは違法?という質問に対して回答しています。ブックメーカーの法的位置づけについて知りたい方は、下記を参照してください。

合法 ブックメーカー 一覧2024

  • すべて
  • 仮想通貨
  • テレグラム
19/01/24

最大1,000ドル200%ボーナス+10日間5ドル分無料プレイ

最大1,000ドル200%ボーナス+10日間5ドル分無料プレイ

  • 業界トップクラスのオンラインカジノ
  • 決済手段・日本語サポート充実
  • 豪華特典を多数用意
8.5
4 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
19/01/24

最大¥45,000+60スピン
+¥1,500入金不要ボーナス

最大¥45,000+60スピン
+¥1,500入金不要ボーナス

  • ダントツ人気の日本向けカジノ
  • 新規登録・入金不要ボーナス1500円を用意
  • ミスティーノ限定ゲーム他、人気機種満載
9
4.5 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
19/01/24

¥5,000フリーベット

¥5,000フリーベット

  • 人気のスポーツに幅広いオッズを提供
  • フリーベットボーナスや日本限定オファーを用意
  • 業界で実績の長い運営元
9
4 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
19/01/24

70%最大$1,000キャッシュバック

70%最大$1,000キャッシュバック

  • お楽しみキャンペーンが盛り沢山
  • ボーナスの賭け条件は一切無し
  • 円滑な出金プロセス
9
4 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
01/02/24

最大$1,000+350フリースピン

最大$1,000+350フリースピン

  • 5,000以上のカジノゲームを完備
  • 多数の便利な決済オプションを用意
  • デイリーボーナスやフリースピンを進呈
9.6
4.5 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
さらに件表示+

ブックメーカーは違法?

簡潔な回答としては、ブックメーカー自体は違法ではありません。ライセンスを取得・維持しているブックメーカーは、合法的に運営されています。これらのブックメーカーは、ギャンブル事ブックメーカー 違法業を規制する行政機関から認可されており、一連の法的要件を満たしています。

ブックメーカーはその運営にあたり、英国、マルタ、キュラソーなどのギャンブル規制局からライセンスを取得する必要があります。ライセンスの要件には、プレイヤーの保護、マネーロンダリング対策、財務報告など詳細な要件が含まれます。

これらの国際的なライセンスの枠組みは、英国、欧州各国、米国などの主要な国々で通用しています。

ブックメーカーの競馬は違法?

ライセンス認可されたブックメーカーでの競馬は、合法的に提供されています。オッズが売り出されるレースブックの公正性や安全性を含めて、規制局による監視を受けています。

ただし、日本居住者がブックメーカーの競馬に賭ける際には、合法性が疑われる場合があります。国内の競馬は、特別条項により許可されていますが、海外ブックメーカーの競馬に関する法令は出されていません。

具体的な法律が定められておらず、海外ブックメーカーでの競馬は規制対象から外れています。

ブックメーカーの野球は違法?

適切にライセンスを得たブックメーカーは、合法性を保持しています。そのため、野球を含む各競技を取り扱うスポーツブックは、該当行政機関から認可されています。日本では、野球賭博は違法となっており、公営ギャンブルにも含まれていません。

海外ブックメーカーを利用して、日本から野球に賭けることは可能です。ただし、現行の国内の賭博法には、ブックメーカーに関する規制は無く、完全な合法性は確保されていません。

ブックメーカーは日本で違法?

日本では、ブックメーカーでの賭博が違法であると解釈される場合もあります。国内においては、その違法性が疑われる可能性がある点は否めません。ブックメーカー自体は違法ではなくても、日本での法的位置づけは、曖昧のままになっています。

日本からブックメーカーを利用することが違法であるか否かの回答は、未だに明確になっていません。国内での関連性のある法規定としては、下記が挙げられます。

  • 「賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。(刑法第185条)」
  • 「常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。(刑法第186条第1項」

日本の法律には、ブックメーカーに関する条項は含まれておらず、違法でも合法でもないグレーゾーンとして解釈されるのが一般的です。現行の賭博法は、日本国内で運営されているギャンブルに対して適用されていますが、海外拠点の賭博事業を包含するものではありません。

そもそも、ブックメーカーは日本国内に運営拠点がありません。ブックメーカーは、海外の拠点に基づき、該当地域の規制下にあるため、日本の法規制の対象とはなっていません。

ブックメーカーの違法性についての弁護士の解釈

ブックメーカーは、日本の公営賭博に含まれていないため、違法性が問われます。現行の賭博法で明確に許可されているスポーツ賭博は、公営競技やスポーツくじに限定されます。そのため、日本からブックメーカーを利用した賭博行為は違法であると解釈する弁護士もいます。これは一つの解釈ですが、実効性に欠けるのが現状です。

海外の法律に追従して、財務やコンプライアンス要件をきちんとクリアしているブックメーカーを、日本の賭博法で取り締まる法的根拠は乏しいと言わざるを得ません。現実的には、合法ブックメーカーを日本の法律によって取り締まることは、至難の業です。

日本の法律がいくら正しいと言ったところで、日本に拠点がない限り、国外での捜査が必要になります。賭博罪は、海外での捜査協力の適用外のため、国際的な協力を得ることもできないのが実状です。

ブックメーカーは合法?

ライセンスされた海外ブックメーカーは、該当地域の法律に追従して、合法性を保っています。ただし、日本から海外ブックメーカーを利用する際には、完全に合法とは言い切れない状況となっています。

他方、日本国内で運営されているブックメーカーは全て違法のため、注意しましょう。ブックメーカーを利用する際には、違法サイトを避け、ライセンスされた海外ブックメーカーを選ぶようにしてください。

ブックメーカーのライセンス

ブックメーカーを選ぶ際には、ライセンスについて確認しておきましょう。違法サイトを避けるためにも、ライセンスについて覚えておいてください。主なブックメーカーのライセンスには以下が挙げられます。

  • マルタ(MGA)ライセンス
  • キュラソー ライセンス
  • フィリピン ライセンス
  • 英国(UKGC)ライセンス
  • ジブラルタル ライセンス

ライセンス表示は、通常、ブックメーカーのサイト下部に見つかります。ブックメーカーに登録する前に、ライセンス表示をチェックしておきましょう。

FAQ

ブックメーカー 違法に関するよくある質問と回答はこちら。

Rizinブックメーカーは違法?

ブックメーカーでの投資は違法?

海外ブックメーカーは違法?

ワールドカップのブックメーカーは違法?

日本でブックメーカーは違法?

Kei
Kei

岡田 圭祐 1978年京都生まれ。スポーツベッティングエキスパート。 2010年からロンドンに居住し、英国の大手ブックメーカー企業勤務を経て、フリーのスポーツエディターとして独立。現在、サッカーや競馬での豊富な知見を生かし、専門メディアやスポーツ紙などで情報発信。