Home » crypto
Kei

このページでは仮想通貨の使えるブックメーカーを厳選しています。仮想通貨対応ブックメーカーについては、下記を参照してください。

ブックメーカー 仮想通貨 人気ランキング

  • すべて
  • テレグラム
01/08/23

200%最大€10,000+50スピン

200%最大€10,000+50スピン

  • 巨額のウェルカムボーナス
  • 高速出金
  • KYC無しで利用可能
コード不要
ボーナスをゲット
詳細情報
1
19/07/23

200%最大1BTC+50スピン

200%最大1BTC+50スピン

  • 世界初テレグラム認可ブックメーカー
  • KYC不要
  • 即座出金
9
4 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
詳細情報
0
12/07/23

最大360%ボーナス

最大360%ボーナス

  • Eスポーツの豊富なマーケット
  • アプリ対応
  • 取扱い仮想通貨90種
コード不要
ボーナスをゲット
0
02/10/23

200%最大$1,000+50%レーキバック

200%最大$1,000+50%レーキバック

  • スピーディな決済
  • 本人確認無し
  • 充実のVIP特典
8
4 Stars
コード不要
ボーナスをゲット
0
01/08/23

200%最大$1000

200%最大$1000

  • Rizin・UFCのプロモ
  • 豪華VIPボーナス
  • ライブ配信対応
コード不要
ボーナスをゲット
詳細情報
0
さらに件表示+
ブックメーカー おすすめ≫

仮想通貨 ブックメーカー おすすめ2024

近年、仮想通貨ブックメーカーの数は一気に増加しました。以下に仮想通貨で決済可能なブックメーカーをリストしていますので、参照してください。

Mega Dice

Megadice ビットコイン

Mega Diceは、業界初テレグラム認可の新しい仮想通貨ブックメーカー。仮想通貨9種が使える他、仮想通貨をサイトで直接購入も可能。テレグラムと仮想通貨の合体によりユーザーは完全な匿名性とセキュリティを保持することが可能になっています。

長所

  • 仮想通貨9種に対応
  • 決済手数料は無料
  • 即時決済
  • 入出金上限なし
  • KYC不要

短所

  • キャンペーンの数は少なめ

bcgame

bcgame ビットコイン

bcgameは業界最多90種の仮想通貨に対応のブックメーカー。ユーザーフォーラム機能やbcgame独自の仮想通貨を提供しており、ユーザーのエンゲージメントを重視した仕様となっています。1日1度回せるラッキースピンボーナスやデイリーコンテストなど愉快なプロモーションが満載。

長所

  • 90種の仮想通貨に対応
  • 無料の決済手数料
  • 入金は即座に処理される
  • 最高入金額の設定はなし

短所

  • カスタマーサポートは翻訳対応

Stake

ステークカジノ 仮想通貨

Stakeは、UFCのスポンサーシップで有名な仮想通貨ブックメーカー。19種の仮想通貨に対応している他、クレジットカードで仮想通貨を購入して、入金することも可能です。UFCに限らず、Rizinのオッズも毎回提供されており、格闘技賭けのプロモーションも他にないStakeの魅力でしょう。

長所

  • 19種の仮想通貨に対応
  • 決済手数料は無料
  • 入金反映速度は即時
  • 入金額の上限は設定されていない

短所

  • ボーナスを受け取るには本人確認が必要

スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオー ビットコイン

スポーツベットアイオーは、日本で最も確立した仮想通貨ブックメーカーブランド。仮想通貨13種が取り扱われており、メタマスクを介して仮想通貨を直接購入できます。競馬を含む日本の種目全般に賭けられる他、サッカーやEスポーツ専用のプロモーションも見逃せません。

長所

  • 13種の仮想通貨に対応
  • 決済手数料は無料
  • 入金は即時に反映される
  • 入金上限額なし

短所

  • 入金ボーナスは少ない

クラウドベット

Cloudbet 仮想通貨

クラウドベットでは30種以上の仮想通貨が取り扱われており、お好みの通貨で決済できます。競馬やサッカーをはじめとする人気競技全般を網羅。ゼロマージンオッズや雷ポイントなどクラウドベットにしかない特典も必見です。

長所

  • 30種以上の仮想通貨に対応
  • 入金手数料は無料
  • 高速決済処理
  • 入出金上限額の設定なし

短所

  • 出金手数料がかかる

ブックメーカーに仮想通貨で入金

仮想通貨でのブックメーカー入金方法については、以下のステップに従ってください。

  1. ブックメーカーに登録またはログインする。
  2. 「入金」ボタンをクリックする。
  3. 「入金」をクリックし、使いたい仮想通貨を選択する。
  4. 指定のアドレスをコピーし、お使いの仮想通貨ウォレットから入金する。

以上で入金が完了し、マイアカウントの残高に入金額が反映されます。

仮想通貨をブックメーカーで直接購入する

仮想通貨ブックメーカーの大半では、暗号通貨を直接購入して入金できるサービスを提供しています。暗号通貨が手元になくても、クレジットカードを使って、購入することが可能です。

購入方法については以下の手順に従ってください。

  1. 仮想通貨ブックメーカーに登録・ログインし、「入金」をクリック。
  2. 「暗号通貨を購入」を選択し、使いたい暗号通貨ウォレットサービスを選択する。
  3. 購入したい暗号通貨を選択し、入金したい法定通貨の金額を入力する。
  4. Eメールアドレスを入力し、認証を行う。
  5. クレジットカード情報を入力し、取引を完了させる。

以上で仮想通貨を購入でき、アカウント残高に反映されます。

ビットコイン ブックメーカー おすすめ

今日、日本から利用できるビットコインブックメーカーは数十種類あり、自分の好みに合ったものを選択できます。日本語サイトのあるブランドも多数あるため、初心者にも利用し易いものが見つかるでしょう。おすすめのビットコイン ブックメーカーは以下の通り:

🏅テレグラム認可ブランド Mega Dice

🏅本人確認不要 Lucky Block Casino

🏅多彩なプロモ Stake

🏅賭けアプリ対応 sportsbet.io

🏅完全なスポーツブック Cloudbet

ビットコインブックメーカーの大多数は、ビットコインに限らず、複数のアルトコインにも対応していることがほとんどです。ビットコインをお持ちでない場合でも、サイトからクレジットカードで購入することができます。

ブックメーカーでビットコインを使う理由

仮想通貨は、ブックメーカーでの入金に最も利便性の高い決済手段のひとつです。仲介業者を介さないため、余分な手数料がかからず、入金は即座に反映されます。

仮想通貨ブックメーカーでは、最初の出金でも本人確認の要らないところもあり、プライバシーを重視する方にも適しているでしょう。日本からのブックメーカー決済に関しては、ビットコインは最も効率的な選択肢のひとつです。

国際送金に関わる面倒な点を一気に解消できます。ビットコインでの決済は、通常、即座にアカウント残高に反映されます。また、他の決済手段と違って、決済サービス会社に手数料を支払う必要もありません。

自分のウォレットから直接入出金が可能となり、完全な匿名性を保持できます。

ビットコイン ブックメーカーを使う際の注意点

ビットコインでブックメーカーに送金する際に、アドレスに間違いがあった場合、組戻しや返金はできません。宛先アドレスに誤りがないかどうか、十分確認してから、送金を行いましょう。

選んだビットコインブックメーカーがSSLを採用しているかどうか、念のためチェックしておきましょう。ブラウザのアドレスバーの鍵マークをクリックすると、SSLサーバー証明書を確認できます。

セキュリティについては自己責任の範囲でも万全にしておきましょう。お使いの暗号通貨取引所の口座やウォレットなどのID・パスワード管理はもちろんのこと、二段階認証も必ず設定しておきましょう。

仮想通貨 ブックメーカーとは

仮想通貨ブックメーカーとは、ビットコインなどの仮想通貨で決済可能なブックメーカーの総称です。これらのブックメーカーでは、暗号通貨で入金および出金が可能です。

また、一部のサイトでは、クレジットカードで暗号通貨を直接購入し、入金するオプションも提供されています。一般的に、仮想通貨主導のブックメーカーでは、法定通貨による規制を受けない、柔軟な運営と匿名性の保持が可能になっています。

アカウント登録や出金手続きなどが合理化されており、個人情報の提供が最小限にとどめられているところも少なくありません。なかには、KYCやアカウント認証が省略されている、本人確認不要ブックメーカーもあります。

これらのサイトが人気を博している理由の一つとして、出金の速さが挙げられます。暗号通貨の利点を生かし、従来のオンラインカジノに比べて、よりスピーディーな出金が可能となっています。

仮想通貨ブックメーカーのメリット・デメリット

仮想通貨ベースのブックメーカーを利用するメリットとデメリットについてまとめていますので、参考にしてください。

メリット

  • 匿名性を保持できる
  • 決済のコスト効率が高い
  • 決済スピードが速い
  • 暗号通貨利用に限定したボーナスや特典を受け取れる
  • アカウント登録が簡素化されている
  • 本人確認不要の場合が多い

デメリット

  • 暗号通貨の価格変動リスク
  • 暗号通貨のネットワークやシステム上の障害リスク

仮想通貨 ブックメーカーで使えるコイン銘柄

一般的な仮想通貨ブックメーカーでは、ビットコインやアルトコイン各種が取り扱われています。代表的な暗号通貨の銘柄・種類としては、以下が挙げられます。

ビットコイン (BTC) イーサリアム (ETH) ライトコイン (LTC)
テザー (USDT) トロン (TRX) リップル (XRP) 
カルダノ (ADA) ドージコイン (DOGE) バイナンスコイン (BNB)
バイナンス USD (BUSD) USDコイン (USDC) ダイ (DAI)

取り扱い銘柄は、個々のブックメーカーによって多少異なっています。特定の仮想通貨を利用したい場合は、選んだブックメーカーで使えるかどうか、事前にチェックしておきましょう。

ブックメーカーと仮想通貨の税金

仮想通貨ブックメーカーであっても、稼いだ分に税金はかかる?という質問をよく受けます。回答としては、年間の純利益が特別控除額50万円を超えた分については、課税対象となります。暗号通貨ベースのブックメーカーであっても、一般的な賭博と同様、稼いだ金額によっては税金を払う必要があります。

暗号通貨のレートを日本円に換算し、経費を差し引いても、年間の純利益が控除額を超過した場合は確定申告が必要になります。加えて、配当金として得た暗号通貨の為替差益は雑所得に分類され、所得状況に応じて課税対象となります。

基本的には、年収2,000万円以下の給与所得者の場合、為替差益を含む雑所得が年間20万円を超過すれば、確定申告が必要になります。 年末調整の際には、申告漏れがないよう十分注意しましょう。申告を怠ると、罰金が科されるため忘れないように気を付けてください。

仮想通貨ブックメーカーの選び方

仮想通貨ブックメーカーを選ぶ際に押さえておきたいポイントについては、下記を参照してください。

  • ライセンスや評判

ライセンスは間違いなく、安全性の指標となります。暗号通貨が主軸のブックメーカーのなかには、必ずしも運営ライセンスを必要としないところもあります。とはいえ、可能な限り、ライセンスされたブランドを選択しましょう。

また、評判は一つの指標となります。口コミに目を通して、できるだけ定評のある仮想通貨ブックメーカーを選ぶようにしましょう。

  • 取り扱い仮想通貨の範囲

ビットコインは、全ての仮想通貨ブックメーカーで取り扱われていますが、アルトコインの種類は異なります。特定の暗号通貨を使いたい場合は、選んだブックメーカーで取り扱われているかどうか確認しておく必要があるでしょう。

  • ボーナスや特典

仮想通貨に特化したブックメーカーでは、法定通貨ベースのブランドとは一味違ったボーナスや特典が用意されていることもあります。なかには、ハイローラーを対象とした独自の報酬システムを導入しているところもあり、記念日プレゼントや週次ボーナスなど様々な特典を受けることができます。

登録の前に複数のブックメーカー間でボーナスや特典の内容についても、ざっと比較してみると良いでしょう。

  • オッズやマーケット

オッズの値はもちろんのこと、マーケット(賭け方の種類)もブックメーカーによって一様ではありません。自分の賭けたい種目に十分なマーケットが包含されているかどうか、オッズの水準と合わせて目を通してみましょう。

  • ベッティングの機能

キャッシュアウトライブストリーミングやベットビルダーなどの機能も要チェックです。特にキャッシュアウトの柔軟性やライブストリーミングの機能性は、ブックメーカー間で差がつくところでもあります。

特にライブベッティングを楽しみたい場合は、必要な機能が全て完備されているか確認しておきましょう。

  • サイトやアプリの使い勝手

サイトやアプリの操作性もチェックしておきたい点です。サイトやアプリのスポーツブックはできるだけ見やすく、使い易いものが望ましいでしょう。メニューの配置や検索機能などにもざっと目を通して、使い勝手の良いものを選びましょう。

FAQ

ブックメーカー 仮想通貨に関するよくある質問と回答はこちら。

ブックメーカーで仮想通貨で稼ぐと税金がかかる?

ビットコインで賭けられるサイトはどれ?

ブックメーカーで仮想通貨を購入可能?

ブックメーカーから仮想通貨で出金できる?

仮想通貨ブックメーカーは違法?

Kei
Kei

岡田 圭祐 1978年京都生まれ。スポーツベッティングエキスパート。 2010年からロンドンに居住し、英国の大手ブックメーカー企業勤務を経て、フリーのスポーツエディターとして独立。現在、サッカーや競馬での豊富な知見を生かし、専門メディアやスポーツ紙などで情報発信。